債務整理をしたら返済中の車のローンと車はどうなるの?

債務整理をする場合、車のローンの返済中であるケースがあります。車のローンを返済中に債務整理をすると、車はなくなってしまいます。

車のローンを設定する場合には、車の所有権はローン会社にとどめています。ローン完済時にようやく使用者に車の名義を移してくれるのです。もしローンを完済出来ずに延滞したり、途中で支払いが出来なくなったら、いつでもローン会社が所有権にもとづいて車を回収することができるようにしているのです。このことを、法理的には「所有権留保」と言います。よって、車のローンを整理すると、ローン会社が車を引き上げてしまうので、車がなくなります。

任意整理、特定調停の場合には車がなくならない可能性がある

とはいえ、車を残しておく方法もあります。それは、任意整理や特定調停を利用する方法です。これらの手続きの場合には、整理の対象にする債権者を選ぶことができます。すべての債権者を平等に取り扱わなければならないという「債権者平等の原則」がはたらかないので、一部の債権者だけを対象にすることができます。

そこで、任意整理や特定調停を利用して、車のローン会社以外を整理すれば、車がなくならなくて済むのです。車のローンはそのまま支払いを続ければ、ローン会社に車を回収されてしまうことはありませんし、ローンを完済すれば車の所有名義を自分に移してもらうこともできます。

個人再生、自己破産の場合には車はなくなる

個人再生や自己破産の場合にはローン支払い中の車を守ることは出来ません。個人再生や自己破産では、債権者平等の原則という決まりがあります。債権者平等の法則とは、すべての債権者を平等に扱わなければならないという原則のことです。

よって、これらの手続きでは、一部の債権者を対象にしたり、一部の債権者を外すことはできません。そのようなことをすると、個人再生や自己破産そのものの効果が否定されてしまうことにつながります。

よって、車のローンがある場合にも、必ず車のローンを対象にしなければならないのです。すると、先ほど説明したように、ローン会社が車を引き上げてしまいます。よって、個人再生や自己破産をすると、車はなくなります。
ローン支払い中の車を守りたい場合には、任意整理や特定調停を利用すべきです。

まとめ

車のローンを債務整理の対象にすると車はなくなります。任意整理や特定調停なら車のローンを外して手続きできます。車を守りたい場合には、数ある債務整理手続きの中でも任意整理や特定調停を利用して車のローン以外の借金を整理しましょう。