債務整理後は住宅ローンが組めない?いつから審査に通る?

マイホームを購入する際には住宅ローンを組むことが多いですが、債務整理をすると、一定期間の間、住宅ローンを組むことが出来なくなります。手続きをすると信用情報機関が保管する個人信用情報に事故情報が記録されて、銀行などの金融機関のローン審査に通らなくなってしまうからです。銀行だけではなく、信用金庫や政府系の公庫(住宅金融支援機構)などの住宅ローンも利用することはできません。

この状態をブラックリスト状態と言いますが、こうなると、住宅ローンを組むために必要な勤続年数や年収などが充分足りていても、住宅ローンの審査に通らなくなります。

任意整理、特定調停の場合

任意整理や特定調停の場合には、手続き後住宅ローンが組めない期間は5年程度です。しかし、これらの手続きを利用すると、債権者への支払いが残ります。この支払いを遅延すると、その遅延解消日からさらに5年間事故情報が記録されて、住宅ローン審査に通らなくなる可能性があるので注意が必要です。

個人再生、自己破産の場合

個人再生や自己破産の場合には、手続き後住宅ローンが組めない期間が10年程度になります。全国の銀行や信用金庫などの多くの金融機関が加入している信用情報機関はKSC(全国銀行個人信用情報センター)ですが、KSCでは、個人再生や自己破産した場合、事故情報を10年間登録する扱いになっているからです。また、個人再生の場合には、手続き後の支払いを遅延すると、さらにブラックリスト期間が延びてしまうおそれもあるので、注意が必要です。

フラット35の場合

住宅ローンには、住宅金融支援機構が民間銀行などと提携して提供しているフラット35というサービスがあります。フラット35の場合、ブラックリスト期間が短くて済むケースがあります。住宅金融支援機構も信用情報機関であるKSCとKSCに加盟しているので、基本的には5年~10年間は住宅ローンが組めないはずです。

ただ、実際には、JICCに事故情報が残っている状態で、フラット35の住宅ローン審査に通ったという事例があります。その人の場合、上場会社に勤務していて、借入比率も25%程度と低かったという事情があります。

その人も他の地方銀行の住宅ローン審査には落ちていたので、フラット35では、それより審査が緩いことがあると言え、手続き後5年以内でも住宅ローンを利用出来る可能性があります。

まとめ

債務整理をするとブラックリスト状態になって住宅ローンを組めなくなります。住宅ローンを組めるまでの間は、手続きの種類によっても異なりますが、だいたい5年~10年程度です。住宅金融支援機構が実施しているフラット35では、それより審査が緩く、手続き後5年以内でも住宅ローンを利用出来る可能性があります。