債務整理中、手続き後にお金を借りることは出来るの?

債務整理をすると、お金を借りることはできなくなります。債務整理をすると、信用情報機関が保管している個人信用情報に事故情報が記録されてしまいます。

銀行等の金融機関や消費者金融などの貸金業者は、融資の審査の際にこの個人信用情報を参照しますので、このとき事故情報が記録されていると、融資の審査に通らなくなるのです。このように、事故情報が記録されてローンなどの利用ができない状態のことを、俗にブラックリスト状態と言います。

手続き後だけでなく手続き中もお金を借りることはできません。手続き開始時に当初に弁護士などが受任通知を送りますが、これと同時に信用情報機関に事故情報が記録されてしまうからです。一度始めてしまうとその時点から、基本的にお金を借りることはできません。

ブラックでも借りられる町金がある

債務整理中(後)は、まともな金融機関から借入をすることはできませんが、中にはこのようなブラックリスト状態の人にもお金を貸す業者がいます。闇金ではなく正規の業者です。

手続き中、手続き後でもお金を貸す業者は、だいたいが中小の町金です。これらの町金は、顧客を多く獲得するために、ブラック状態の人でも審査を通してお金を貸します。

このようなな業者には注意が必要です。これらの業者は、概してとても利息が高いです。また返済を遅延した場合の取り立て方法も厳しいです。それは、これらの業者が、ブラック状態の人にもし出すリスクをとっているために、その分確実に多く利益を上げる必要があるからです。

そこで、通常の消費者金融などよりも高額な利息を取り、取り立ても厳しくすることで、リスクの解消を図っています。このことは、借りる側からするとデメリットにしかなりません。ブラックリスト状態でも借りられる業者の利用はすべきではありません。

闇金は誰にでもお金を貸す

ブラックリスト入りの方がお金を借りる場合、闇金からお金を借りるケースも多いです。闇金はもともと違法業者ですので、ブラックリストかどうかなど気にしていませんし、審査もしません。よって、のブラックリスト状態の人にも平気で貸付をします。しかし、闇金を利用した行き先は、破滅だけです。10日で1割などのめちゃくちゃな利息を取り立てられて、支払いができなくなったら執拗な取り立てや嫌がらせが行われます。

どんなにお金を借りたい状況に陥ったとしても、闇金は絶対に利用してはいけません。

まとめ

ブラックリストに登録されてもお金を借りられる業者はあります。しかし、それらの業者にはリスクが高く、利用すべきではありません。闇金を利用する人も多いですが、闇金は違法で行き着く先は破滅しかないので、絶対に利用してはいけません。