債務整理の履歴が残る期間、ブラックリスト期間はどれくらい?

債務整理をすると、ローンやクレジットカードなどの利用ができなくなります。このことを、俗にブラックリスト状態と言っています。ブラックリスト状態は、どうして起こるのでしょうか?

信用情報機関が保管している個人信用情報に事故情報が記録されてしまうからです。信用情報機関には、CIC、JICC、KSC(全国銀行個人信用情報センター)があります。

そして、銀行などの金融機関や消費者金融などの貸金業者は、融資の審査をする際に、これらの信用情報を確認します。このときに、事故情報が記録されていると、融資の審査を通しません。債務整理をすると事故情報が記録されて、ローンやクレジットの利用ができなくなるのです。

このような事故情報が残っている期間が、ブラックリスト期間になります。ブラックリスト期間は、各信用情報機関によって取り扱いが異なります。

CIC、JICCの場合

信用情報機関の中でもCICやJICCについて説明します。CICにはクレジットカード会社が加入していることが多く、JICCは多くの消費者金融会社が加入しています。CICやJICCの場合には、どの債務整理手続きをとっても、手続き後5年程度、事故情報(履歴)が残ります。ブラックリスト期間も、基本的に手続き後5年になります。

KSCの場合

信用情報機関の中でも、KSCの場合には債務整理手続きによって取り扱いが異なります。KSCには、全国の銀行や信用金庫、労働金庫などが加入しています。

KSCの場合、任意整理と特定調停の場合には、CICやJICCと同様手続き後5年が基本的な事故情報記録期間になります。これに対し、個人再生や自己破産の場合には、手続き後10年が事故情報記録期間になります。よって、個人再生や自己破産をすると、手続き後10年間程度銀行ローンを組めなくなる可能性があります。

遅延するとブラックリスト期間が延びる

ブラックリスト期間は、基本的には上記の通りですが、債務整理後の債権者への支払を遅延すると、さらに事故情報記録期間が延びて、ブラックリスト期間が長引く可能性があります。

支払を遅延すると、その遅延解消後から改めて5年や10年のカウントが開始されるからです。よって、ブラックリスト期間を短くしたい場合には、手続き後の支払は遅延せず、きちんと確実に継続していく必要があります。

まとめ

債務整理をするとその履歴として事故情報が記録され、その期間はブラックリスト期間になります。ブラックリスト期間は、各信用情報機関によっても異なりますが、5年~10程度です。ブラックリスト期間を短くするには、債務整理後の支払いも遅延しないように注意が必要です。