債務整理後、クレジットカードを作れるようになるまでの期間は何年くらい?

債務整理をすると、どの手続きを利用したとしても、手続き後しばらくの間、自分名義でクレジットカードを作ることができなくなります。ブラックリストに一定期間登録されてしまう為です。

手続きを介する宇都信用情報機関が保管する個人信用情報に事故情報が記録されてしまいます。クレジットカードの申請をした場合、クレジットカード会社はこの個人信用情報を参照しますので、事故情報が記録されていると、債務整理をしたことが判明してしまい、審査に通らなくなります。その為。クレジットカードが作れなくなるのです。

再度クレジットカードを作れるようになるためには、事故情報が消える必要があります。事故情報が消えるまでの期間は、手続きの種類によって異なります。

任意整理、特定調停の場合

任意整理や特定調停の場合には、手続き後どのくらいの期間が経てばクレジットカードを作れるようになるのでしょうか。この場合、基本的には手続き後5年になります。5年経てば個人信用情報から事故情報が消去されるからです。

ただし、任意整理や特定調停後の債権者への支払を遅延した場合には、その遅延を解消したときからさらに5年がカウントされることになります。遅延を度重なると、借金の完済後5年の経過が必要になる可能性もあるので、注意が必要です。

自己破産、個人再生の場合

個人再生や自己破産の場合には、クレジットカード会社によって作れるようになるまでの期間が異なります。

個人再生や自己破産の場合には、CICという信用情報機関では手続き後5年が事故情報の登録期間ですが、KSCという信用情報機関では手続き後10年が事故情報の登録期間になります。信販会社の多くはCICに加盟していますが、銀行の多くはKSCに加盟しています。

よって、クレジットカードの中でも信販会社系のものの場合には、手続き後5年程度でクレジットカードが作れるようになる可能性が高いですが、銀行系のクレジットカードを発行しようとすると、手続き後10年程度の期間の経過が必要になる可能性があります。

また、個人再生の場合任意整理や特定調停の場合と同様、手続き後債権者に対する支払が残ります。この支払を遅延すると、同じようにその遅延解消後から5年や10年のカウントが開始されることがあるので、遅延しないように注意が必要です。

まとめ

今回は、債務整理後クレジットカードが作れるようになるまでの期間について解説しました。手続きの種類やクレジットカードの種類によっても期間が異なります。債務整理後の支払の遅延状況にも影響を受けるので、支払は必ずきちんと行いましょう。