債務整理後、整理対象外にしたクレジットカードは使える?

債務整理をすると借金問題は解決できますが、ブラックリスト状態になってしまうというデメリットがあります。手続きを実行すると信用情報機関が保有している個人信用情報に事故情報が記録されてしまうので、クレジットカードの審査に通らなくなってしまうのです。その後、新たにクレジットカードを発行することはできなくなります。

そこで、もともと利用していたクレジットカードを手続き後も、そのまま利用出来ないかという問題があります。この方法が利用出来るのは、手続きの中でも任意整理や特定調停の場合に限られます。以下では、その方法と問題点をより具体的に説明します。

任意整理や特定調停ならクレジットカードを対象外にできる

手続きの中でも、任意整理や特定調停なら、以前から使っていたクレジットカードを残すことができます。

任意整理や特定調停では、すべての債権者を平等に扱わなければならないという「債権者平等の原則」が働かないからです。これに対し、個人再生や自己破産の場合には、債権者平等の原則が働きます。これによって、すべての債権者を手続きの対象にしなければならないので、クレジットカード会社だけを整理の対象から外すことはできないのです。

クレジットカード会社を債務整理の対象にした場合には、即時にクレジットカードの利用を止められてしまいますので、利用の継続はできません。

この点、任意整理や特定調停では、クレジットカード会社を外してその他の消費者金融などだけを整理することができます。この方法によると、今まで使っていたクレジットカードを手続きによって止められることがなく、しばらくは利用出来る状態が続くのです。

対象外にしたカードは利用継続出来る?

任意整理や特定調停で、クレジットカード会社を外して手続きをすることによって、もともと使っていたクレジットカードを手元に残した場合、そのクレジットカードをずっと使い続けることはできるのでしょうか。

残念ながら、それは難しいです。クレジットカード会社は、クレジットカードの発行後も、定期的や不定期的に途上与信という与信審査をしています。このときに、個人信用情報を参照するので、事故情報が記録されているとこの時点で判明してしまい、クレジットカードを止められてしまいます。

また、カード更新の際にも個人信用情報を参照されますので、クレジットカードを止められます。このように、債務整理の対象外にしても、遅かれ早かれクレジットカードは使えなくなります。

まとめ

債務整理の中でも任意整理や特定調停の場合、整理の対象から外してクレジットカードを残せます。しかし、この場合も、カード更新の際などに、遅かれ早かれカードを止められてしまうので、注意が必要です。