債務整理で完済後、クレジットカードは残せる?新しく作れる?

債務整理をすると、いわゆるブラックリスト状態になって、クレジットカードの利用ができなくなります。信用情報機関が保有する個人信用情報に事故情報が記録されてしまうため、クレジットカード審査に通らなくなってしまうからです。

では、以前から使っていたカードを手続き中や手続き後から完済後まで残すことはできるのでしょうか。

残念ながら、これもできません。クレジットカード会社は、クレジットカードの発行後もときどき途上与信という与信審査をしており、その際に個人信用情報を参照します。すると、このときに事故情報が記録されていることによって、債務整理したことがバレてしまい、結局はクレジットカードを止められてしまうからです。完済後までクレジットカードを残すことはできません。

クレジットカードを作れなくなる

完済後でもクレジットカードを新しく作ることはできないのでしょうか。残念ながらブラックリスト状態になるので、基本的にクレジットカードを作ることはできなくなります。ただし、個人信用情報に事故情報が記録されている期間は限られています。この期間を過ぎて事故情報が消されれば、またクレジットカードを作ることができるようになります。

クレジットカードが作れるまでの期間

クレジットカードが作れるまでの期間はどのくらいなのでしょうか。これについては、利用する債務整理手続きによって異なります。

任意整理や特定調停の場合には、手続き後5年になります。ただし、手続き後の支払を遅延した場合には、それより長くなることもあります。よって、手続き後5年程度でまたクレジットカードが作れるようになります。

個人再生や自己破産の場合には、手続き後5年~10年かかります。期間に差があるのは、各信用情報機関によっても取り扱いが異なるからです。よって、個人再生や自己破産の場合には、事故情報の記録期間が、信用情報機関によって5年または10年になっているのです。

完済後はクレジットカードを作れるのか?

以上のことからすると、完済後必ずしもクレジットカードを作れるとは限りません。債務整理の支払は、手続き後3年程度であることが多いです。すると、最低でも完済後2年はクレジットカードが作れないことになります。

また、返済を遅延した場合などには、ブラックリスト期間がさらに長くなることもあります。よって、完済後すぐにクレジットカードを作ることは難しいことが多いです。

まとめ

債務整理後はブラックリスト状態になるので、クレジットカードを作ることはできません。借金を完済してもすぐにクレジットカードを作れるわけではないので注意しましょう。