債務整理における弁護士と司法書士の違い、出来ること

債務整理をする場合、個人が自分で手続きをするのは困難なので、専門家に手続きを依頼することが多いです。この場合に依頼する専門家は、弁護士と司法書士です。弁護士と司法書士には、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。以下ではこの両者の具体的な違いやできることを見てみましょう。

任意整理、特定調停での違い

弁護士と司法書士の違いは、各債務整理手続きによってさまざまです。まずは、任意整理や特定調停での違いを見てみましょう。

司法書士には、取り扱い金額に制限があります。具体的には、140万円以下の事件しか取り扱うことができません。よって、任意整理や特定調停の場合、1社から140万円を超える金額の借入がある場合には司法書士は取り扱うことができません。

これに対して、弁護士にはこのような制限はないので、どのような事件でも取り扱って解決することができるので、頼りになります。

過払い金請求での違い

▼取扱金額の違い
弁護士と司法書士の違いは、過払い金請求事件にも現れます。過払い金請求においても、司法書士はやはり140万円以下の事件しか取り扱うことができません。過払い金の金額が140万円を超える場合には、手続きを進めることが出来ないのです。弁護士の場合には、このような制限はないので、過払い金の金額がいくらになっても請求手続きをすすめることができます。

▼裁判所の違い

弁護士と司法書士は、過払い金請求訴訟を起こす場合に裁判を起こせる裁判所の種類も違います。司法書士には、簡易裁判所の代理権しかありません。よって司法書士が過払い金請求出来るのは、140万円以下の請求で、しかも第一審のみです。控訴した場合の控訴審は地方裁判所になるので、司法書士が代理を務めることはできなくなります。

これに対して、弁護士は簡易裁判所はもちろんのこと、地方裁判所でも高等裁判所でも最高裁判所でも、どの裁判所でも代理を務めることができます。よって、どのような過払い金請求訴訟でも起こすことができます。

個人再生、自己破産での違い

個人再生や自己破産にも弁護士と司法書士の違いはあります。弁護士には完全な裁判代理権がありますが、司法書士には書類作成代理権しかありません。よって司法書士には手続きに参加する権利はありません。たとえば債権者集会の際などには、弁護士なら参加して意見を述べることもできますが、司法書士は後ろから見ているくらいしかできないことになります。

まとめ

任意整理や特定調停、過払い金請求の場合、司法書士は140万円以下の事件しか取り扱いができませんが、弁護士ならいくらの借り入れや請求金額があっても事件を処理出来ます。自己破産や個人再生の場合、弁護士なら完全な裁判代理権があるのに対し、司法書士には書類作成代理権しかないという違いがあります。