債務整理を弁護士に頼むメリット・デメリット

債務整理をする場合には、弁護士や司法書士に依頼するのがオススメです。。このうち、弁護士に依頼するとどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。
以下で、具体的に確認していきましょう。

弁護士に依頼するメリット

▼取り扱い金額に制限がない

弁護士に依頼する場合、弁護士には取り扱い金額に制限がないことがメリットになります。弁護士であれば、どれだけ多額の借り入れがあっても債権者と話し合って和解する任意整理ができますし、どれだけ多額の過払い金があっても、全額を過払い金請求して取り戻すことができます。これに対して司法書士は、取扱金額が140万円までに制限されています。

▼自己破産や個人再生手続きに参加出来る

自己破産や個人再生の場合にも弁護士に依頼するメリットはあります。弁護士は、これらの手続きの中で完全な裁判代理権を持っています。これによって、弁護士は自己破産などの手続きに参加することができます。

たとえば自己破産の債権者集会が開催される際にも、弁護士なら手続きに参加して、意見を言ったり依頼者を擁護することもできます。このように、弁護士に手続きを依頼すると大変心強いです。

▼法律問題に長けている

弁護士は、どのような法律問題も取り扱っている法律のエキスパートです。また、債務整理の各種手続きにも昔から取り組んでいます。これに対して、司法書士が債務整理を始めたのは平成14年以後のことです。これと比べても歴史が長く、法律問題に長けている弁護士の方がノウハウなども持っていて手続きがスムーズに進むメリットがあります。

弁護士に依頼するデメリット

▼敷居が高い
弁護士にを依頼すると、デメリットもあります。まず、一般的に弁護士は敷居が高いです。いきなり法律相談の予約を取ろうにも、弁護士相手になかなか連絡を入れる気になれず、最初の一歩を踏み出せない人が多いです。

▼費用が高いことがある

弁護士に依頼する場合、費用の問題も大きいです。一般的に弁護士は費用が高いと思われていますが、弁護士の中には、実際に費用が高い人もいます。特に昔ながらの感覚で昔からのやり方を踏襲している弁護士の中には、非常に高額な費用がかかる事務所もあるので、注意が必要です。ただ、弁護士事務所の中にも費用が安い事務所はたくさんあるので、賢く弁護士を探せば、さほど費用をかけずに済ませる方法もあります。

まとめ

債務整理を弁護士に依頼する場合、弁護士には取扱金額に制限がなく、自己破産や個人再生でも手続きに参加出来るので、依頼者にとっては心強いなどのメリットがあります。反面、敷居が高かったり、費用が高いことがあるなどのデメリットもあります。