債務整理を司法書士に頼むメリット・デメリット

債務整理をする場合には、法律の専門家に依頼しますがその場合には、弁護士と司法書士に依頼することができます。このうち、司法書士に依頼すると、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。以下で、順番に見てみましょう。

司法書士に依頼するメリット

▼敷居が低い

司法書士は、弁護士よりも敷居が低く相談がしやすいです。いきなり弁護士に相談に行くとなると、かまえてしまってなかなか気持ちが前向きにならないこともあります。このような場合、町の法律家のイメージのある司法書士なら相談しやすいというメリットがあります。

▼借金問題を専門的に取り扱っている事務所がある

最近の司法書士の中には、債務整理に特に力を入れて専門的に取り扱っている事務所があります。このような事務所に依頼すると、ノウハウなども蓄積されていて、手続きがスムーズに進みやすいメリットがあります。

▼費用が安いことがある

司法書士は、一般的に弁護士よりも費用が安いことが多いです。各種手続きにおいても、同じ内容を依頼した場合でも、弁護士よりも費用が安く済むケースがあります。
ただし、これについては必ずしも司法書士の方が費用が安いとは限らないので、注意が必要です。

司法書士に依頼するデメリット

▼取り扱い金額に制限がある

司法書士に依頼するとデメリットもあります。まず、司法書士には取扱金額に制限があり、具体的には、司法書士は140万円以下の金額の事件しか取り扱うことができません。よって、140万円を超える金額の借入がある場合に任意整理をすることはできませんし、140万円を超える金額の過払い金請求をすることなどはできません。この場合には、別途弁護士に依頼する必要が出てきます。

▼自己破産や個人再生手続きに参加出来ない

司法書士は、自己破産や個人再生でも権限が小さいです。具体的には書類作成の代理権しかありません。司法書士は、自己破産や個人再生の手続きに参加することは認められないのです。たとえば、自己破産の債権者集会などにも、司法書士は手続きに参加出来ないので後ろから見ている程度のことしか出来ません。

▼費用が高いことがある

司法書士は一般的に費用が安いと思われており、上記のように実際に安いケースもあります。しかし、反面司法書士の中には、費用がかなり高額な人も多いです。過払い金を全額報酬にしてしまう人などもいます。安いと期待してこのような司法書士に依頼すると、ものすごい金額の費用の支払いが必要になって不利益を被ることになります。

まとめ

司法書士に依頼すると、敷居が低く、債務整理に強い事務所があるなどのメリットがあります。しかし、取り扱い金額に制限があり、自己破産手続きに参加出来ないなどのデメリットもあります。