お金がない、債務整理費用を払えない人はどうしたらいいの?

債務整理をすると借金問題を効果的に解決できますが、手続きを行うには費用がかかります。とくに弁護士費用が高額になるので、支払いが出来ないことが多いです。費用を支払えない場合、どのように対処すれば良いのでしょうか?以下で、その対処方法をご紹介します。

分割払いを利用する

弁護士費用の多くは、着手金と報酬金です。着手金とは、事件を依頼した当初にかかる費用のことで、報酬金とは、事件が解決した場合にかかる費用のことです。これらの弁護士費用は、原則として一括払いですが、依頼する事務所によっては分割払いを利用することもできます。

よって、費用を支払えない場合には、弁護士費用を分割払いする方法がおすすめです。この場合、月々数万円ずつの支払いになることが多いです。具体的な支払い方法については、個別に弁護士と相談する必要があります。

着手金無料の弁護士を利用する

弁護士費用が支払えない場合には、着手金無料の弁護士を利用する方法もあります。弁護士事務所の中には、依頼当初にかかる着手金を無料にしている事務所があります。このような事務所を利用すると、お金がなくても債務整理をしてもらえるので非常に助かります。

ただ、着手金無料の弁護士は、その分報酬金額が高くなっているケースなども多いので、支払いが必要になる総額は着手金有料の事務所よりも高くなってしまうこともあるので、注意が必要です。

着手金後払いの弁護士を利用する

費用が支払えない場合には、着手金後払いの事務所を利用する方法もあります。着手金後払いの事務所とは、依頼当初に支払いが必要になるはずの着手金を、事件が解決した際などまで支払いを猶予してもらえる事務所のことです。たとえば、過払い金請求事件などでは、事件解決時に過払い金が返ってくる可能性が高いので、着手金と報酬金を返ってきた過払い金からまとめて支払うことができます。

ただし、着手金後払いの事務所の場合にも、過払い報酬金の金額が高く設定されていることがあり、支払う費用の金額が総額としては大きくなってしまうこともあるので、注意が必要です。

法テラスを利用する

費用を支払えない場合、法テラスを利用する方法も有効です。法テラスとは国の法務省の管轄の機関で、お金のない人のための弁護士費用立替制度を行っています(民事法律扶助)。これを利用すると、費用を月々5,000円~1万円程度の分割払いで支払えるうえ、支払いが必要になる費用自体も安く抑えられることが多いです。

まとめ

債務整理の弁護士費用が支払えない場合には、分割払いや着手金無料の事務所、着手金後払いの事務所を利用する方法があります。法テラスを利用する方法も有効です。