シェイプライフ青汁の正しい飲み方、効果的な飲み方

青汁というと青臭い、苦みが強いというイメージがありますが、それは素材を搾ることが原因とされています。しかし、シェイプライフ青汁は原材料を絞らないで、そのまま粉砕してパウダー状にする特許取得の製法を用いているので、従来の青汁と比べると青臭さや苦みを感じにくいのが特徴です。

お湯やお水に入れてよくかき混ぜると、素早く溶けるのでそのまま飲むのが基本の飲み方になります。粉っぽさもなく、すっきりとした緑茶のようなマイルドの味わいに仕上がっているので、のど越しもよく、飲みやすいと評判です。飲む量は1日1杯を目安としましょう。防腐剤などの添加物も不使用なので作り置きしないで、水などに溶かしたら時間を置かずに、すぐに飲み切ると素材の風味が損なわれません。

シェイプライフ青汁、美味しい飲み方のアレンジを紹介!

シェイプライフ青汁はお水やお湯に溶かしてそのままでも飲めますが、他の飲み物に混ぜたり、甘みをプラスするなどアレンジして飲むと飽きがこない上に更に美味しく飲めます。水の代わりの豆乳や牛乳に入れて飲むとよりマイルドな味わいになり、飲みやすくなるという人もいます。牛乳にはカルシウムやミネラル、ビタミンなどが、豆乳にも脂肪燃焼を促すサポニンなどの栄養素が含まれており、青汁との相乗効果が更に多くの栄養分が摂取できるというメリットもあります。

少し甘みをプラスしたいという方は、牛乳や豆乳に蜂蜜やメイプルシロップ、オリゴ糖などを少し加えてほんのり甘くするだけでも、味が変わってきます。蜂蜜などの代わりに、ミキサーに牛乳とバナナを入れて混ぜ、そこへ青汁を入れるバナナミルク青汁も、バナナの甘みと独特の風味が青汁とマッチして美味しく飲めるでしょう。やや甘みのある微糖ヨーグルトや乳酸菌飲料などとも相性がよく、味がまろやかになる上にほんのり甘くて飲みやすいのが特徴です。

そして、意外にもポタージュスープと混ぜると青臭さもなくなり、まるでほうれんそうポタージュのような味わいになる上に、小腹を満たせるということで好評です。ポタージュスープにもコーンやパンプキンなど色々な種類があるので、色々試すことで味のバリエーションも広がります。甘みではなくさっぱりとした口当たりにしたいという方にはレモンやグレープフルーツ、オレンジの果汁をプラスすると良いでしょう。柑橘系の酸味が青汁の苦みをマイルドにしてくれる上に、酸味が効いて爽快な感じの味わいになります。グレープフルーツやオレンジの場合はやや甘みがあるので、酸っぱすぎるのが苦手な方にはおすすめです。青汁の色々な飲み方アレンジを試しながら、自分のお気に入りのアレンジを見つけてみましょう。