田七人参の効果や効能と副作用、お薦めサプリなど

田七人参は、古くから中国で愛用されてきた漢方の1つで日本でも広く知られる高麗人参と同じ仲間です。中国では数百年の歴史を持つともいわれ、もともとは三七人参と呼ばれていました。田七二人というのは品種名で、「田」の字は生産地である中国の田陽という地名から来ています。



さらに、別名として金不換という名前もあります。これは金にも換えられないほど貴重であるという意味を持ちます。その理由は、田七人参は収穫までに3年から7年もの歳月を必要とし、土壌の栄養をほぼ吸い取ってしまうほど栄養価が高いため、同じ土壌で何度も生産するのが難しい希少種であることが由来とする説もあるようです。

田七人参の効果は、特に血液をきれいにして体の中から健康に導くものです。さらに近年、生活習慣病の1つである糖尿病の改善に田七人参の効果があるといわれ、注目を集めています。

栄養成分


古くから、栄養価の高い食品・漢方として中国や日本で貴重な食材として扱われてきた田七人参。健康によい成分が数多く含まれており、非常に優れた商品として注目を集めています。特に、近年の研究では、その成分の中でも、サポニンとパナキサトリオールと呼ばれるものが豊富に含まれており、糖尿病や血糖値改善に大きな効果を持つことが明らかになっています。

サポニン

田七人参に含まれるサポニンはジンセノサイドと呼ばれるものです。これには、血中の糖が増えるのを抑えることができる効果があるとされています。この成分は、高麗人参にも含まれていますが、特筆すべきはその含有量です。田七人参に含まれているサポニンは、高麗人参をおよそ7倍で、薬効はより高いといえます。

パナキサトリオール

サポニンに似た働きをするものであり、ジンセノサイドの働きをさらに深めることが期待できる成分で、日本の医薬品を手掛ける企業の研究でその効果に注目されるようになりました。この研究では、1年半をかけて1000種類以上の植物を調査し、効果の高かったものに田七人参があったことを発表しています。

田七人参は、その他にもフラボノイドや有機ゲルマニウム、さらに必須ミネラルとされる鉄分やカルシウム、亜鉛など多くのミネラル分が含まれています。栄養分の働きをサポートするビタミンB群も豊富で、これ一つでさまざまな成分の摂取が可能です。

効果・効能


田七人参の効果は、多くの成分が含有されていることもあり、さまざまなものが期待できます。しかし、中でもサポニンとパナキサトリオールによる血糖値コントロールは近年注目されている効果です。

サポニン(ジンセノサイド)

田七人参に含まれるサポニンという成分は、すい臓のランゲルハンス島という個所で作られるインスリンと呼ばれるホルモンと同じ働きをします。これは、血液中にあるブドウ糖(血糖)を体の各細胞へと届ける役目を担うもので、結果的に血糖値を下げるのに貢献しています。
また、血中の悪玉コレステロールが酸化して血栓を生じさせるのを防ぎ、有効に体外に排出する機能もあります。そのため、コレステロール値を下げる効果も併せ持ちます。そのため、食後に摂取することで、急激に上がってしまいがちな血糖値を緩やかに抑え、体内に不必要な血糖が回りすぎないようにすることが可能です。

パナキサトリオール

近年、研究によってインスリン様の働きを持つ成分です。特に、筋肉への糖の取り込みを促進させる効果が高いとされます。もともと高血糖の方は、筋肉への糖の供給が行われづらくなることが以前より指摘されていました。田七人参を摂取することで、この点が解決可能。もちろん、血糖を筋肉へと供給することは血液中の糖の減少、つまり血糖値の低下を促すことができます。

副作用


古くから愛されてきた漢方である田七人参は、緩やかに優しく作用する漢方の特徴を持ち合わせた素材です。そのため、副作用の危険などは通常の医薬品に比べて非常に少なく、特に心配するほどの症状が現れることはありません。ただし、食べ合わせや飲み合わせには注意しましょう。田七人参そのものは基本的に安全な素材ですが、一緒に摂取するものによっては体調に変化が出ることはあります。代表的な症状は下記のようなものが挙げられます。

・吐き気
・だるさ、めまい
・口がいつもより乾く

さらに、田七人参は血液の状態と血流に作用するものですから、生理時の経血が増えたり、鼻血が出たりすることもあるようです。また、田七人参には摂取量によって止血作用を見せる場合と抗凝血作用を見せる場合とがあります。もし血液凝固や線溶にかかる治療を行っている場合には、田七人参を摂取する前に医師に相談することをおすすめします。

安全であるとはいえ、明らかに田七人参を摂取するようになってから上記のような体調変化が現れたら、摂取を中止するのが無難です。

田七人参は、中国で古来より健康に良い食品として重宝されてきたものです。近年の研究では、血糖値を抑制する働きがあることもわかっており、生活習慣病の予防にも効果的とされます。ただし、体に良いからと大量に摂取したり、他の健康サプリなどと併用したりすると思わぬ体調の変化をきたすこともあります。必要があれば医師と相談の上服用してみてはいかがでしょうか。