自己破産とは|概要、手続きの流れ、メリット・デメリット

自己破産とは、裁判所に申立をして、借金などの債務の支払い義務を完全に0にしてもらえる手続きのことです。自己破産をすると、借金が完全になくなるので、手続き後に債権者に対して支払をする必要はありません。また、借金額についての制限もないので、どれだけ多額の借金があっても利用出来ます。反対に、借金額が100万円以下の少額でも自己破産することは可能です。

自己破産には、財産が無い人のための簡単な手続きである同時廃止と、財産がある人のための複雑な手続きである管財事件の2種類があります。

自己破産の手続きの流れ

自己破産は、裁判所を利用した複雑で専門的な手続きです。よって、同時廃止の場合でも管財事件の場合でも、弁護士や司法書士などの専門家に手続きを依頼するのが普通です。

弁護士に自己破産を依頼すると、弁護士は債権者らに受任通知を送って債権調査をします。その間、依頼者は必要書類や資料を集めます。債権調査結果と必要書類がそろったら、裁判所に申立をします。

同時廃止の場合には、破産手続き開始決定が出たらすぐに破産手続きは終了し、その後2~3ヶ月程度で免責(借金が無くなること)がおります。

管財事件の場合には、管財人が選任されて債務者の財産を現金に換えて債権者に配当する手続きが行われます。それが終われば、裁判所が免責の判断をして、手続きは終わります。

自己破産のメリット

自己破産のメリットは、なんと言っても借金が0になることです。どれだけ多額の借金があっても完全に支払い義務がなくなるので、債務者は、手続き後完全に0から新たな再スタートを切ることができます。

自己破産のデメリット

自己破産をする場合、債務者に一定以上の財産があると、それらの財産はすべて失う事になります。また、借金の原因がギャンブルや浪費などの一定の場合には、免責(借金がなくなること)を受けられなくなるおそれがあります。

さらに、自己破産手続き中は警備員や保険外交員などの一部の仕事に就くことが難しくなりますし(資格制限)、官報に氏名や住所などの情報が掲載されるというデメリットもあります。自己破産を利用した場合にも、他の債務整理手続きと同様、ブラックリスト状態になって、手続き後一定期間の間は、ローンやクレジットカードの利用ができなくなります。

まとめ

自己破産とは、裁判所に申立をして、すべての借金返済義務を完全に0にしてもらえる手続きです。自己破産をするとどれだけ多額の借金があっても返済義務がなくなるメリットが大きいですが、反面、財産がなくなったり、免責が受けられない可能性があったり、官報掲載されるなどのデメリットもあります。自己破産を利用する場合には、これらの手続きの特徴を知った上で、賢く利用しましょう。