任意整理とは|概要、手続きの流れ、メリット・デメリット

任意整理は、借金を整理する手続きである債務整理手続きの1種です。任意整理とは、借入先の各債権者と直接話し合いをすることによって、借金の返済金額と返済方法と決め直す手続きです。

このとき、借金を利息制限法に引き直して計算するため、借金の元本が大きく減額される可能性があります。また、合意後の将来利息はカットされるため、借金の総支払額が減って返済が楽になります。

任意整理後には、各債権者への支払が必要になります。その返済期間はだいたい3年~5年程度になりますが、これより長くなることもありますし、短くなることもあります。

任意整理の手続きの流れ

任意整理の手続きの流れを確認します。任意整理をする場合、まずは借入先の業者に連絡をして、借り入れ当初から現在までの取引明細を取り寄せます。そして、これを利息制限法に引き直して計算します。そのようにして借金返済金額を計算したら、その借金残金についての返済方法を考えます。

たとえば50万円の借金が残るとしたら、それを3年で返済することとして、月々14,000円弱の支払をするなどの計画です。返済方法を決めたら、その内容を債権者に提案します。そして、債権者と交渉をして、合意が得られたらその内容の合意書を作成して、手続きを終えます。その後は、合意したとおりの方法で返済を続けていくことになります。

任意整理のメリット

任意整理のメリットは、まずは、利息制限法を超える取引がある場合に借金額を大幅に減額できることです。借金がほとんど0になるケースもあります。また、利息制限法を超える取引がなくても、合意後の将来利息の支払いが不要になるので、借金の総支払額が大きく抑えられます。このことによって、月々の返済額も減って返済が楽になります。

また、返済期間を5年などの長期にすることによっても毎月の負担額を減らすことが可能になります。さらに、裁判所を利用しないので手続きが簡単で、手間も費用も比較的安く済みます。

任意整理のデメリット

任意整理のデメリットは、利息制限法を超える取引がない限り、大幅な減額が難しいことです。たとえば50万円の借金がある場合には、50万円がそのまま残ってしまいます。

また、任意整理をすると、ブラックリスト状態になってしまいます。このことによって、任意整理後は金融機関や貸金業者でのローンやクレジットカードなどの利用ができなくなってしまいます。また、任意整理では相手方に話し合いを強制出来ないので、話し合いに応じない業者がいることもデメリットの1つです。

まとめ

任意整理とは、債権者と直接話し合いをして借金返済額と返済方法を決め直す手続きのことです。メリットも大きいですが、ブラックリストなどのデメリットもありますので、状況に応じて適切に利用して、賢く借金問題を解決しましょう。